食中毒を防止するために

ケータリングサービスやデリバリーサービスをする際には1年を通して保冷車を使用しています。その理由として気温が高い時でも食材の鮮度を保ちながら移動できるためです。もうひとつはお料理と一緒にドリンク類も冷やしながら運べてお客様のもとへ着くころには冷えた状態でお渡しできるようにすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です